PIAGGET|時計通も納得の全17本の新作モデルを発売

投稿者: | 2016年12月10日

2001年に本格的に時計事業に参入してから現在まで、数は少ないが魅力的な腕時計を毎年、着実にリリースしてきたラグジュアリーブランド ピアジェ。
今年は大きな飛躍の年となった。
現地で発表された公式プレスリリースのなかにはs級ブランドコピー「ウォッチメーキングの世界で中心的な存在を目指す」という一節がある。
これはピアジェ自身が、今後は腕時計を他のジャンルの製品と同様にブランドの中核プロダクトとして位置づけ、時計事業に本腰を入れて取り組むという宣言にほかならない。
実際、ウォッチ&ファインジュエリー部門のディレクターのアムディ・シャティ氏は、今後はメンズウォッチを中心に製品を積極的に展開し、時計業界のなかで確固たる地位を確立したいと語った。
そして自社製ムーブメントの開発製造にも着手していることも明かに。
つまり、ごく近い将来にはピアジェが、心臓部であるムーブメントもふくめて腕時計を一貫生産できる「マニュファクチュール」へと大進化を遂げることは、まずまちがいないだろう。
これまでにない新作モデルのブランド通販コピー圧倒的な数は、この決断と実行の証なのだ。
複雑時計からクロノグラフ、ダイバーズ、レディスモデルと全部で17本におよぶ新作ウォッチの数かず。
注目したいのが、複雑時計のなかでももっとも開発・製造・調整が難しいとされる、ミニッツリピーター機構を搭載したモデル「タンブール ミニッツリピーター」である。
つねに「旅」をテーマにしたクリエイションに取り組む同ブランドらしく、時を妙なる音で知らせてくれるメカニズムにくわえて、旅をするさいに実用的なトラベルタイム(GMT)機能も備えている点が大きな特徴であり魅力だ。
ピアジェがこれまで9年のあいだに発表した機械式モデルのなかでも、もっとも複雑な機械式メカニズムを搭載した時計愛好家垂涎の超複雑モデル。
まず、ケース横のスライドスイッチを入れることでケース内にセットされた2本のハンマーが2種類のゴングをそれぞれ同時に叩いて音を出すミニッツリピーター機構。
さらに、現在地の時刻(ローカルタイム)と、自分が拠点とする場所の時刻(ホームタイム)を表示するトラベルタイム(GMT)機構を備えるなど、ミニッツリピーターモデルとしては非常にユニークで魅力的な存在。
日常使用を前提に設計されており、防水が難しいメカニズムながら30m防水であり、100時間という長いパワーリザーブ(作動時間)も特徴だ。
ケース素材をホワイトゴールド、ローズゴールド、イエローゴールドから好みで選択できるほか、イニシャルや紋章など好みの意匠を入れることができるという粋な楽しみも用意されているブランド通販コピー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です