コピーブランドシュプリームアイコンTシャツが発売

投稿者: | 2016年12月6日

シューズデザイナーの勝川永一氏が主宰する東京発シューズブランド「SUPREME(シュプリーム)」から生まれたアイコンキャラクター「ミスターポピー」のオフィシャルウェイブサイトでオリジナルTシャツが発売。
クオリティに徹底的にこだわった、着て楽しくなるTシャツだ。
売り上げの一部は、皮革用ミシンの購入費用になる!
今回発売されたスーパーコピーのミスターポピーのTシャツは2デザインで各2色。
エイチ カツカワのアイコン的キャラクターが前面にあしらわれ、勝川永一氏は「着て楽しく、かならず周りのひともクスッと楽しくなるTシャツです」と推奨する。
勝川氏は「今回は、このコピーブランドのTシャツの売り上げの一部を、エイチ カツカワの靴作りのための皮革用ミシンの購入費用にあてることを目的のひとつとしています。
皮革用ミシンは、生産現場が減少している国内ではレア化しつつある代物ですが、なんとか探して手に入れたいと思います。
エイチ カツカワのモノづくりをはじめ、名古屋店『シューオブライフ』の運営に、Tシャツの購入という形でご参加いただければ幸いです。
今後も年に1、2回の企画で展開していきたいと思っています」とメッセージ。
シューズ同様、国産にこだわったTシャツ
今回のTシャツの最大のこだわりは“糸”で、ハイクオリティな40番糸を使用。
「このTシャツは糸のなかでも高級な40番糸を何度も何度も試編、吟味したオリジナル40番コーマ(ケバなどを削ぎ落とした)糸を、双糸(2本撚り合わせる)加工し、天竺編みしました。
そして、斜行(生地の曲がり)のまったくない高品質な天竺生地が完成しました。
光沢感のあるソフトで繊細な高品質生地によってつくられた純国産Tシャツです」と勝川氏。
神戸の老舗カットソーメーカーで、パターンの製作から着手。
形はセットインスリーブで、襟は30/コーマフライス生地で、衿元2本針使用、そして袖と裾はいまや日本の職人技である“テンチミシン縫い”仕上げになっているという、まさにこだわり満載のコピーTシャツだ。
勝川氏のモノづくりを応援しよう
「それぞれのディテールに心を込めて丁寧に縫製しました。
プリントはシルクスクリーンプリントで、一枚一枚職人が手刷りしています。
洗濯後も型くずれが少ないのも大きな特徴なので、がんがん着てミスターポピーを楽しんでください」という勝川氏のモノづくりを応援したい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です