腕時計の時計文字盤構造模型設計

投稿者: | 2018年6月1日

Cartier(カルティエ 時計コピー )はモデルが設計して永遠にアイデアに不足しないを表していますが、しかし私はずっとこれが面SantosTriple100がひっくり返って最も備えるが大幅なことができると思って、こは表して初めて結合サイドオープンチップ回転する時計文字盤装置を採用して、冠を表して3種類異なる設計時計文字盤を替えることができるを回すでさえすれ(あれ)ば、持ってきて大いに異なる全く新しい視野を経験します。
同時に冠回したを表して、内蔵する18Kプラチナは式プリズムに動いていつでも起動することができて、細いピニオンシステムが動かすにおりて、時計文字盤は次第に方向を変えることができます。
Breguet(ブレゲ)貝殻は彫刻するはいままでずっと世界的に有名で、こナポリ18Kプラチナ腕時計、小屋を表して40粒ダイヤモンド(約2.42カラット)を象眼します。
貝殻浮き彫りは師要求を彫刻するに対してとてもひどくて、また貝殻自身とてももろくて弱い特性ため、少しうっかり大事が最後1歩で失敗に終わって、師を彫刻してもし数十年彫刻基礎的な技能がないが絶対に任に堪えてはいけなくて、こ時計は時計文字盤色合いためにとマッチングして、特にチョコレート色短吻ワニ皮バンドを選択http://www.specae.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です