多摩都市モノレール・写真コンクール

投稿者: | 2017年12月28日

同コンクールは「多摩モノレールと多摩の魅力」がテーマ。カルティエスーパーコピー昨年6月今年5月に撮影された、多摩モノレールや駅を被写体に含んだ写真、または、多摩モノレール沿線地域の美しい情景・魅力が伝わる写真を今年1月5月に募集。432点の応募を集めた。その中から入賞作品25点を選出。ゼニススーパーコピー最優秀賞には八王子在住の島田眞夫さんの作品「ダイヤの輝き」が選ばれた「プロカメラマンの方や沿線5市の関係者、当社職員が選考したが、どの作品も秀作ぞろいだった。ダイヤモンド富士を背景にモノレールを撮影した島田さんの作品は、構図もさることながら、エルメススーパーコピーモノレールに対する思いも感じた」と話すのは同社総務部事業課の井口さん今月25日には同社で表彰式を行うほか、東大和市、立川市、八王子市、多摩市、日野市の各市役所、ユリス・ナルダンコピー高幡不動駅で順次作品展を開催予定。入賞作品を盛り込んだ2012年版カレンダーも作成する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です