堂々と偽物ブランドを販売するネットショップが人気

投稿者: | 2017年11月5日

違法なコピーブランドを堂々と販売しているインターネットショッピングサイトが話題になっています。ショップ名の掲載は控えますが、サイトのデザインは非常にポップな印象を与え、違法行為をしているとは思えないものになっています。しかし違法行為であることをショップは理解しているようで、「税関で止められた場合の対処」等が細かく書かれていますそのショップはスーパーコピーブランドショップとして販売をしており、レプリカよりも本物に近い製品である事をウリとしています。「スーパーコピーと、普通のレプリカはなにが違うんですか?」というユーザーの質問にショップは「A級品やS級品と呼ばれているレプリカと、スーパーコピーの最大の違いは、その再現力です。当店のスーパーコピーは、ルイヴィトンの中国工場から特別なルートを使って直接仕入れた皮やビス、金具などの材料を使い、元正規のレストア(修復人)や退職した職人と専属的な契約を結んで、限りなく近いブランドの再現に努めています」と返答していますルイヴィトンが正規に製造して販売していない以上、レプリカもスーパーコピーも違法コピー商品という事になりますので、たとえ精巧に作られた商品だとしても、レプリカもスーパーコピーも偽物である事には変わりありません。しかしこのショップで売られている『ロレックス シードゥエラー ディープシー』は31800円。とんでもない破格となっています。偽物なので安くて当然といえば当然ですが……このショップによると、スタッフは全員日本人としていますが、配送は全て海外から行っているようで、違法コピーと判断され税関で破棄されることがあるようです(廃棄されて当然ですが)。廃棄された場合についてショップは以下のように説明しています「ご注文の商品が止められた場合、出来うる限りの対処をいたします。お客様のお手元へお届けするまで責任を持って当店が再配送などの対処いたします。税関より商品破棄の通知が届きましたら、別の配送先(お名前、住所、連絡先)をご連絡下さい。尚、再配送にて3回税関で止められてしまった場合、商品代金の半額をお返しさせて頂きます」

税関で3回止められたら商品は届かず代金も半分返ってこないようです。そもそも違法コピーされた品物ですので購入しようと考えないのが一番賢い選択という事ですねこのニュースの元記事を読む

こんなびっくりニュースがあります

『Twitter』IDであなたの適正年収を調べてくれるサイト『FINAL FANTASY XIII』でダウンロードコンテンツ配信か感極まって号泣!グラミー受賞の瞬間のレディー・ガガ0円で日本一週の女子大生! 泊まる家の住所をネット掲載し大問題にゲームハード価格ランキング! 最高額は15万円のあのハード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です