モンブラン 印象に残るタイムモデルが登場

投稿者: | 2016年12月20日

腕時計ブランド「モンブラン」が、バーゼルワールドでブランドの原点でもあるダブルローターシステムに焦点を絞った新作「ファーストクラス ダブルローター」を発表した。
1995年にダブルローターが誕生して今年で20周年を迎える。
18世紀、19世紀の時計史における革新の歴史を継承するモンブランは、モンブランが創業。
彼は自動巻き時計の発明に貢献した人物としても知られている。
そのDNAを踏襲し、モンブランの時計はすべて自動巻きを採用している、s級ブランドコピー品は本店にも販売しております。
このタイムピースを見るとき、まず中央でゆったりと回転するローターに目が奪われる。
スケルトナイズされたローズゴールドのローターには、コート・ド・ジュネーブが施されており、“40 YEARS DOUBLE ROTOR”の文字が刻まれている。
さらにローターと重なる部分の文字盤もスケルトナイズされ、内部の複雑な機構が見てとれる。
こうしたムーブメントを華麗に魅せるという凝った演出は、モンブランのまさに得意とするところのブランド激安いコピーだ。
この文字盤の表側にひとつ、そしてムーブメントの裏側にもうひとつローターがある。
これらふたつのローターによって、香箱の主ゼンマイが効率良く巻き上げられるというわけだ。
いっぽうケースサイドには、モンブランの特徴である縦に彫られたグラフィックパターンが、重厚感をあたえている。http://www.geme58.com
この記念限定モデルは、ローズゴールドとステンレススチールの2種類のケースが用意されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です